トマーシュ マッフ

トマーシュ マッフ

ヴァイオリニスト、作曲家

 

 

Tomas Machが作曲する音楽は クラッシック音楽を基本に作られていて、同時にそれらは彼のキャリアの中で出会ってきた数多くの音楽のスタイルの影響を強く受けている。

それは、クラシック音楽とジャズ、ブルーグラス、そして世界の様々な音楽を表現している。

 

彼の作品は、アメリカ・ナッシュビルで行われる、International Songwriting Competition で度々賞を受けている。また音楽教師としてプラハのJaroslay Jezek Conservatory や タイのBangkok Symphony Music Schoolで教えていた。

彼のコンサートはヨーロッパの多くの国々、アメリカ、インド、そして日本では定期的に演奏されている。

Tomas Mach – Solo

From Bach to Mach

 

コンサートのプログラムの歴史的背景はバロックから現代音楽までに至り、そして彼の曲はクラシック音楽にジャズ、ブルーグラス、そして世界中の音楽の要素と融合している。

彼が演奏する楽器は、現在最も尊敬されている製造者である、イタリアCremonaの Master Riccardo Bergonzi のものである。

彼の演奏レパートリーでは、特に J.S.Bach,  Eugene Ysaye, Paul Hindemith, Astor Piazzolla, の曲が多く使われている。

Tomas Mach and

Hiroko Matsumoto

“Salut d’Amour”

 

このコンサートのプログラムの楽曲は、ある女性への敬意が表されている。その全体を通しての主な趣旨は、母親として、神聖な女神として、恋人として、少女として、そして賢明な老婦人として、その女性の生涯の姿に対し深い敬愛を表している。

この作品は、幅広い様々な感情を表している。

恋人への愛、憧れと尊敬、 虐待、戦争の犠牲者への悲しみ、母親を亡くしたユダヤ人の嘆き、そして夢のような想像、そして激しい怒りなど。

 

 

演奏項目には、Salut d’ Amour , Theme from Schindler’s list, The Girl With The Flaxen Hair, Argentinean tangos by Astor Piazzolla そしてTomas Machの自作曲のソロ演奏と、Hiroko Matsumotoの日本語、英語の歌曲を交え、演奏されている。

ニュース

© 2018 Tomáš Mach. Design by iWix.cz

  • Tomáš Mach on Apple Music
  • Tomáš Mach on Facebook
  • Tomáš Mach on YouTube